スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
傘をさす=自分をモチベートする
モチベーション。
内発的動機。

それを表すのに、私が最近よく使う例えがある。

プロを目指して歩み始める。
困難にぶつかる。
そんな中、いかに自分のモチベーションを高めることができるか?
周りはどうコミュニケートして、彼の動機を高められるのか?

プロフェッショナルとしての答えは一つ。
家から出た時に、雨が降っていてもブルーになる必要はない。
そんな時は傘をさして歩けばいいだけのことだからだ。

雨が降っているだけでブルーになる人間はプロフェッショナルとしての資格はない。
自分をいかにモチベートできるか、それもプロフェッショナルの要件だ。


では、周りの人間・上司ができることは何か?
それは、
1.家を出る前に、「天気予報見た?」と聞く。
2.「雨が降りそうだから、傘を持っていけば?」とアドバイスする。
3.予想外の雨の時には迎えに行く。
4.事前に傘を準備しても対応不可能なほどの大雨・嵐の時には迎えに行く。

これだけだ。
これらがコミュニケーション・気遣い・思いやりである。

間違っても、
「雨が降ってるよ〜。やだよ〜。」
あるいは、
「雨が降ってきた。なんで傘を持つように指示しなかったんだよ〜??」と言う人間を会社で養うべきではない。
社内の環境整備、特にソフト面になると、「コミュニケーション不足」「冷たい社風」という意見もあれば、「今のままで十分」という意見もある。
私の判断基準は上記の通り。

傘という表現。
それは、部下を暖かく守る上司という表現で使うこともあれば、
自分が外部環境の悪影響を避けるために使う表現でもある。

私は、後者でとらえる。

傘とは、自分自身をモチベートさせるための日用品である。
傘は誰でも使える。

今日も、傘をさして、笑顔で出かけよう!
| pensuk | 22:48 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:48 | - | - |
Comment
なるほど・・・最近社内の人間関係でいろいろ勉強が手に付かない状況だったわたしにはすごく響きました。
わたしもあらかじめ傘を持っていたらずぶ濡れにならなくても済んだんですね。以前はこういう良くないことがおきたら・・・といった心の準備を常にしていたのに、ここ数年それを怠っていたようです。
うん、傘を持っていこう。
Posted by: アイーマ |at: 2005/11/07 12:49 PM
面白い話だね。
わたしは用意周到すぎて傘を2,3本用意してしまいます。
結局、傘を調達することに疲れてしまって
本来の目的へ力を集中できなくなることもあるなぁ・・・。

昨日は、雨降る中で野球の試合がありました。
ひさびさにずぶ濡れ&泥んこになったけど
それはそれで気持ちよかった。
すぶ濡れの中で妙な連帯感が生まれたから、
たまにはみんなで、ずぶ濡れもいいかもしれない。
Posted by: Azu |at: 2005/11/07 1:48 PM
アイーマ様
ずぶ濡れなんですか!?(゚゚)
そんな時は、さっと取り出しましょう!


Azu様
「傘を2.3本用意する」「傘を調達することに疲れる」って、すごい深読みですね。
でも、ここで言う傘は、「事前の根回し」とか「準備」ではないのですよ。
内発的動機(という傘)があれば、自分じゃどうすることもできない「雨」そのものに、影響を受けずにいることができるはず、
ということです。
Posted by: pensuk |at: 2005/11/07 7:06 PM
pensukさん、こんばんわ。

きんとんはそんな時、ボジティブシンキングを心がけてます。
客観的な状況は誰が見ても同じなのであれば、前向きに考えた方がその後の進展が違います(と信じているし、実際そうだから)からね。

逆に、雨に打たれるからこそモチベートが深まることもあるって思いますよ(*^_^*)
Posted by: きんとん |at: 2005/11/07 9:43 PM
おー、これは缶ビールを片手にコンビニの前でお話ししたときに出てきた話ですね。

この話題とは直接関係はないですが、最近読んだ本に『相手の立場に立って論理性を確認する』というものがありました。それによると、『雨が降りそうだから(論拠)、傘を持っていけば?(主張)』の主張と論拠は自然に思えますが、「出かける予定のない人」「地下道で目的地まで着ける人」、すなわち雨が降っても濡れる確率の低い人にとってはこの主張と論拠のつながりはよくないとのことでした。

なるほどと思ったので紹介します。高杉尚孝著『論理的思考と交渉のスキル』という本です。
Posted by: ひろ |at: 2005/11/07 10:01 PM
きんとんさん、こんにちは。
私もポジティブシンキングです。
困難にぶつかっても、何事もなく進んでいける図太さ(鈍感さ?)が身に付いてきました。

ひろさん、こんにちは。
そうですよ、缶ビールです(笑)
あれを皮切りに、他のところでも話題にしまして・・。
本のご紹介、ありがとうございます!
読んでみますね。
Posted by: pensuk |at: 2005/11/09 8:09 AM








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ブログランキング

Profile

Recommend

Recommend

2日で人生が変わる「箱」の法則
2日で人生が変わる「箱」の法則 (JUGEMレビュー »)
アービンジャー・インスティチュート

Recommend

Recommend

Recommend

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Sponsored Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode