スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
飲酒習慣からの脱却
これまでの生活の中で、改善したらどんなによいだろうと思いながらも、どうしてもやめられなかった飲酒の習慣を終わらせました。

契機は3つあります。
1.時間効率・生産性向上の必要に迫られている
2.「勝間本」で紹介されている「禁酒セラピー」を読んだ
3.ビールで喉を潤す必要がなくなった


1.時間効率・生産性向上の必要に迫られている
これは非常に切実です。
仕事が忙しくなってくるとやはり自分に投資する時間が減ってきます。
隙間時間の活用などあらゆる改善をしていましたが、よくよく考えると、帰宅後ビールを飲み、寝るまでの1,2時間には全く手をつけていませんでした。
この時間は暗黙のうちに聖域とみなしていたのです。
メールをチェックし、情報収集し、かろうじて読書もしていたものの、ビールを飲んでいるとインプット・アウトプットとも薄くなりがちです。
この時間をもっと活用できないか、という問題意識を持ち始めていたのが、第一の契機です。


2.「勝間本」で紹介されている「禁酒セラピー」を読んだ
年末当たりから勝間さんのご活躍が非常に目立ってきました。
最近では週刊ダイヤモンドでも特集されていましたね。
勝間さんも以前は喫煙、飲酒の習慣があり、それをやめてびっくりするほどの時間ができ、毎日の時間効率が数倍に上がったと仰っています。
何冊かあるいわゆる「勝間本」の中で紹介されていたのが「禁酒セラピー」。
要約すると、「飲酒にメリットはゼロ、禁酒のプラスは計り知れない」ということです。
ロジカルに物事を考える人間であれば本の主張を受け入れやすいと思います。
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー (ムックセレクト)
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー (ムックセレクト)
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法


3.ビールで喉を潤す必要がなくなった
これはたまたまです。
1と2の要件のみでもうやめようとは思っていたのですが、ふとした機会にダーツバーへ遊びに行くことになりました。
ビールを注文しようとしたところ、思いとどまりジンジャーエールにしました。
それがウィルキンソンというジンジャーエールで、驚くほどおいしかったのです。
普通のコンビニで売ってるような甘ったるいサイダーもどきではなく、本当にジンジャーの味がするのです。
最初は唇がヒリヒリ、喉が熱くなりますが、好きな人にはたまらないはずです。
なかなか売っている店も少ないのですが、たまたま近くの酒屋さんに置いてあり、大量に購入しました。
(これもちょっとした依存性がありそうな気がしてはいるのですが・・・)
詳しくは、ウィルキンソン・ジンジャーエール愛好会というHPをご参照ください。


1週間経ちますが、ビールを飲みたいという気は全く起こりません。
これからの長い人生、有効に時間を使うことができそうです。

参考までに、「禁酒セラピー」の目次を掲載します。
ご関心のある方はぜひお読みください。必ずやめられます。

1.お酒は簡単にコントロールできる
2.お酒の問題は実はシンプル
3.あなたはアルコール依存症?
4.食虫植物とハエ、お酒と人
5.お酒という名の牢獄
6.「幸福」という名の麻薬
7.あなたは洗脳されている
8.人間の体はすばらしいマシンだ
9.どうしてお酒の罠にかかったのか?
10.精神力でお酒はやめられない
11.飲酒に理由はない、あるのは言い訳だけ
12.舌が肥えたらお酒がおいしくなるのか?
13.お酒を飲むと勇気が出るか?
14.お酒を飲むと外向的になれるのか?
15.お酒を飲むと精神が安まるのか?
16.薬物依存症のしくみをしっかり理解しよう
17.お酒と食品の類似点
18.「依存しやすい性格」など存在しない
19.禁酒に精神力はいらない
20.「社交のためにお酒を飲む」という言い訳
21.お酒を飲むと楽しくなるか
22.完全にやめるべきか?節酒にするべきか?
23.「普通のドリンカー」は本当にラッキーなのか?
24.裸の王様―ワイン愛好家の悲哀
25.お酒という迷路を抜け出す正確な地図
26.簡単にお酒をやめる方法―16の決まりごと
27.最後の一杯を飲み干しましょう!



JUGEMテーマ:ビジネス
| pensuk | 22:32 | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:32 | - | - |
Comment
こんにちは!
ドキドキする本ですね。
私も妊婦時代はお茶やジュースに凝ってました。
細工系の中国茶は見た目も楽しく香りよく、家でのくつろぎタイムにはぴったりでした^^
Posted by: ぱらだいす |at: 2008/02/25 10:23 AM
ぱらさん、こんにちは!
そうですね、お茶に凝るのも面白なあと思ってます!
Posted by: pensuk |at: 2008/03/01 6:34 PM








Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2008/02/19 3:42 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2008/04/05 8:22 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2008/05/04 9:24 AM

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ブログランキング

Profile

Recommend

Recommend

2日で人生が変わる「箱」の法則
2日で人生が変わる「箱」の法則 (JUGEMレビュー »)
アービンジャー・インスティチュート

Recommend

Recommend

Recommend

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Sponsored Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode